FEM解析(東京ガス)

■FEM解析による東京ガスへの影響検討

➢東京ガスへの影響を検討するためのFEM解析事例です。
東京ガスの場合、弾性係数や単位体積重量、ポアソン比などの参考値が示されています。
解析モデルは、以下のようなルールがあります。
※詳しくはこちらをご参考ください→LINK

 

➢ガス管の場合、対象箇所が多いため、代表箇所の絞り込み作業が必要となります。
絞り込みは、地盤の良否や、近接距離で選定することになります。


 

➢解析の結果は以下のとおりです
※許容変位量は10mm以下を設定しました。
※許容変位量の設定根拠は、こちらです→LINK