トップページ
 土木構造物設計、仮設設計、各種施工計画、FEM解析他 各種土木設計業務を行っております。
配筋図の書き方(せん断補強筋)
■せん断補強鉄筋の本数
せん断補強鉄筋として4-D16@250と記載されている場合
D16の鉄筋を単位奥行(1.0m)に4本を250間隔で配置するということになります

■せん断補強鉄筋の形状について
橋梁下部工の場合には、せん断補強の形状が明示されている場合もありますが
マンホールや擁壁などの場合、側壁で「1本タイプ」底版や頂版で「囲みタイプ」
を使用することが多いようです。
端部のフック形状として、直角フック、鋭角フック、半円フックがあります。
構造的には、直角→鋭角→半円の順で確実性が向上するとは考えられますが、
施工性を考慮して決めています。



Copyright © 2017 mds-civil All rights reserved.