セグメント開口検討、ヒューム管開口検討


 既設構造物(シールドセグメント開口部)の補強検討を行っております。
シールド管渠への到達は、それぞれの管径や覆工条件により対処方法が異なります。
 補強が必要となる場合には、左図のように「梁部材」と「柱部材」「欠損リング部材」を用いた補強となります。


■シールドセグメント開口部補強検討

免震・耐震・制震技術

 シールド管渠への到達は、それぞれの管径や覆工条件により対処方法が異なります。
 補強が必要となる場合には、左図のように「梁部材」と「柱部材」「欠損リング部材」を用いた補強となります

 

免震・耐震・制震技術

 

■ヒューム管開口検討 

耐震補強技術

 ヒューム管到達の場合は、管体の補強が困難であるため、状況に応じて対策を計画しているのが現状です。

 

 

 

■既設構造物開口部検討

○○○技術

 既設人孔に到達する場合は、開口を設けた場合の構造計算を行い、現状の配筋で不足する場合は、補強梁やコンクリート増打ちなどの補強となります。

 

 

■既設構造物開口部検討

○○○技術

 補強リングを有するライナープレート立坑を欠損する場合は、補強を行う必要があります。一般的にはH鋼による補強を行います。