トップページ
 土木構造物設計、仮設設計、各種施工計画、FEM解析他 各種土木設計業務を行っております。
特殊人孔(マンホール)の支持力計算方法について
■特殊人孔(マンホール)の支持力計算について

特殊人孔の支持力計算は、一般的に以下の方法により検討します。

①許容支持力(既知)で照査する場合

→地盤の許容支持力が試験などにより得られている場合や地盤の許容支持力を事前に設定できる場合などに採用します。


②築造前後の重量比で照査する場合

→底版下面で築造前後の重量比較を行う照査
(築造前:原位置での土の重量、築造後:躯体重量や頂版上の土の重量の合計値)


③許容支持力を計算で求める場合

・特殊人孔の場合は、「道路橋示方書Ⅳ(下部構造編)H24」P329によるケーソン基礎の許容支持力式により計算します。



※一方、集水桝の場合には、「道路橋示方書Ⅳ(下部構造編)H24」P297による直接基礎の許容支持力式により計算します。





Copyright © 2017 mds-civil All rights reserved.